Skip to main content
MSH2 (ダコ Autostainer Link 48 用)

Appendix

MSH2 (ダコ Autostainer Link 48 用)

Clone FE11

MutS protein homolog 2 (MSH2) は、DNA 複製時に生じる遺伝子の変異を修復するミスマッチ修復 (MMR) 経路で働く核タンパク質です。
MSH2 の異常や欠損は 変異の発生率を増加させるとともに、散発性大腸癌やリンチ症候群として知られる遺伝性非ポリポーシズ (HNPCC) の発症に寄与します。HNPCC は1-5%の大腸癌の原因となっています。抗MSH2 抗体は、HNPCC と関連する結腸外腫瘍を含む消化管腫瘍におけるミスマッチ修復タンパクの欠損の同定に有効です。MSH2 発現の欠如はマイクロサテライト不安定性を認める子宮内膜癌、膵臓癌、卵巣癌、子宮頸部癌、乳癌、腎臓癌、尿路上皮癌と同様に皮脂腺腫や角化棘細胞腫においても報告されています。
本抗体パネルは、遺伝子疾患(リンチ症候群)のスクリーニング検査になり得るため、検査及び結果の取り扱いについては、遺伝子検査と同等のご理解が必要となる場合があります。(詳しくは、家族性腫瘍学会等、関連学会のWebsiteをご参照ください)

Product Details Buy Products Promotions Related Products
No data to display
1-10 of 40 results
Items were successfully added to your cart!
Success