お問い合わせ窓口

ニュースルーム

 

お客様紹介:公衆衛生から観光・輸出まで、道民の生活と産業を支える北海道薬剤師会公衆衛生検査センター

一般財団法人 北海道薬剤師会公衆衛生検査センター(道薬検)は、道民の医療、福祉、環境衛生の向上に寄与することを目的として、1974年に設立されました。この目的達成のため、公衆衛生の普及振興、健康促進の啓発活動、食品衛生や環境衛生の試験・検査等を行っています。道薬検は、水道法、食品衛生法などに基づく登録検査機関として、水質検査や食品検査などを行うほか、学校内のシックハウス検査、新生児のマススクリーニング検査など、公益性の高い事業を展開しています。同センター 副所長 中村次也(なかむら・つぐや)様、水質検査などを扱う試験検査部生活衛生グループで目黒 大基(めぐろ・ひろき) 様、久保田 瑞穂(くぼた・みずほ)様にお話をうかがいました。

(2021年11月5日)