Skip to main content
CD117、c-kit (濃縮抗体)

CD117、c-kit (濃縮抗体)

c-Kit は、赤血球、マスト細胞、メラノサイト、生殖細胞、そして消化管運動のペースメーカーとして機能している Interstitial Cells of Cajal(ICCs:カハールの介在細胞)に発現しています。また、マスト細胞腫、悪性黒色腫、セミノーマ、血管肉腫、小細胞肺癌など種々の腫瘍において c-Kit が陽性になることが知られています。従来、消化管に発生する間葉系腫瘍のほとんどは平滑筋腫瘍と考えられてきましたが、その後、消化管の間葉系腫瘍の多くが明瞭な平滑筋への分化を示さないことが明らかとなり、このような腫瘍は gastrointestinal stromal tumors(GISTs:消化管間質性腫瘍)と呼ばれるようになりました。GISTs の主要な発生部位は、一般的に胃(50~70%)であり、次いで小腸(20~30%)、大腸および直腸(10%未満)、そして食道(5%未満)となっています。GISTs はそのほとんどが c-Kit を発現していることから、ICCs を起源とする腫瘍と考えられており、また、リガンド非依存的で恒常的な c-Kit の活性化を引き起こす c-kit 遺伝子の突然変異が GISTs の腫瘍化および悪性化に関与していると考えられています。

Product Details Related Products Promotions
No data to display
1-10 of 40 results
Items were successfully added to your cart!
Success

0 part selected.

Clear All