お問い合わせ窓口

ニュースルーム

 

お客様紹介:60年間化学分析に取り組んできた東北大学 山崎 慎一博士が語る、便利になっても忘れてはいけない分析の心構えとは

土壌は農業生産において最も大切な資源のひとつであるといわれています。肥料を与えて土壌の性質を改善していくことで、農地の生産力は高まり、ひいては農業経営の安定化に繋がります。今回お話を伺ったのは、土壌肥料学を専門とする宮城大学 食産業学群 食資源開発学類 木村 和彦教授です。

(2019年8月27日)