お問い合わせ窓口

ニュースルーム

 

お客様紹介:三井金属鉱業株式会社 基礎評価研究所 三池分析技術センター - 同社大牟田地区の工場を、製品開発と研究の両面から支える

ユネスコの世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」には、8つの地域(23の資産)が登録されていますが、その地域の1つが三池炭鉱で有名な三池。福岡県大牟田市を中心とした地域です。明治時代に、政府から三池炭鉱の払い下げを受けたのが当時の三井組。大牟田市には現在も三井金属鉱業株式会社グループの複数の工場があり、機能性粉体、薄膜材料、セラミックス、酸化亜鉛などが生産されています。今回は、地元の小学生が描いたというかわいらしい煙突が目印の三井金属鉱業株式会社レアメタル工場内にある基礎評価研究所 三池分析技術センターにお邪魔し、野中 尚子様にお話をうかがいました。

(2019年11月6日)