お問い合わせ窓口

アジレント・テクノロジー、革新的な技術を搭載したガスクロマトグラフを発表

 

 

直感的な新GCソリューションが、ユーザー エクスペリエンスを改善

2016年9月7日

画像をクリックすると高解像度版の画像をダウンロードいただけます

 アジレント・テクノロジー株式会社(社長:合田 豊治、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、業界をリードするGC (ガスクロマトグラフ) の新製品として、 「Agilent Intuvo 9000 GCシステム」を発表します。Intuvo 9000 GCでは、まったく新しい技術により、これまでの操作上の煩わしさが軽減され、ワークフロー、効率、および成果を大きく改善することが可能です。

 お客様のために、お客様と協力して設計を進めた Intuvo 9000 GC は、画期的な技術を簡単に使用できることが特長です。たとえば、フェラルを使わないクイック接続や、Guard Chip技術搭載によるカラムの長寿命化を実現しています。さらに、トリミング不要カラムを採用することで、リテンションタイムのずれの心配がなくなり、再校正する手間や時間を節減できます。

 Intuvo 9000 GCシステムは、Intuvo Flow TechnologyチップおよびスマートIDキーが搭載されており、流路構成を自動的に検出できます。これにより、メソッド開発の自動化にも役立ちます。複雑なセットアップや手間のかかる計算を削減できるため、バックフラッシュのような複雑な設定も日常的に簡単に利用できるようになります。

 タッチスクリーンのユーザーインタフェースを採用しており、ステータス情報やデータに、リアルタイムで簡単にアクセス可能となります。また、メンテナンスの作業方法についてもスクリーン上で案内します。システムのステータス情報を遠隔地にいるラボマネージャーのスマートフォンやタブレットに通知することも可能です。

 新システムは、質量分析計のフロントGCとして接続することも考慮されており、高スループットが求められる受託分析ラボや、食品、環境、化学、製薬、法医学分析などの分野で複雑なマトリックスのサンプルを扱うラボに最適です。

 当社のバイスプレジデント兼ガスクロマトグラフィー事業本部 (Gas Chromatography Division) ジェネラルマネージャーのシャニア・ケイン (Shanya Kane) は次のように語っています。
「この革新の旅路の開始にあたって心がけたことは、世界中のお客様の声に耳を傾けることでした。非常にインテリジェントな Agilent Intuvo 9000 GCシステムを使用すると、誰でもGCの専門家になったかのように感じていただけることでしょう。ラボ マネージャーの皆さんにはさらなる生産性向上の可能性を感じていただけると思います。また、経営者の皆さんには収益面での成果改善を実感いただけることでしょう。」

 アジレントの社長兼CEO マイク・マクマレン (Mike McMullen) はこう語っています。
「当社は50年にわたりGC市場のリーダーとして、数多くの技術革新を先導してまいりました。この基盤の上に、業界内の連携や市場の専門家との広範なネットワークを融合することで、当社はガスクロマトグラフィーのさらなる可能性を広げました。こうして、この革新的な技術をお客様のお手元にお届けできる日を迎えることとなりました。」

アジレント・テクノロジーについて

アジレント・テクノロジー (NYSE:A) は、ライフサイエンス、診断、応用化学市場のグローバルリーダーで、“Premier Laboratory Partner for a Better World”というビジョンを掲げています。100 か国以上のお客様と取り引きがあり、ラボのワークフロー全般にわたって、装置、ソフトウェア、サービス、消耗品を提供しています。2015 年度の売上高は 40 億4000万米ドルでした。従業員は全世界で 12,000 人となります。アジレント・テクノロジーの情報は、以下のウェブサイトでご覧ください。

http://www.agilent.co.jp


※このプレスリリース中の「アジレント・テクノロジー」、「アジレント」、「当社」は、文脈により、「アジレント・テクノロジーズ・インク」、その日本法人や各国の法人、グループ全体を指すことがあります。

マスコミ関係者の皆様: 技術、地域貢献、役員等に関連する情報は、以下のウェブサイトでご覧いただけます。
http://www.agilent.co.jp/newsjp

# # #

お客様からのお問い合わせ先:

カストマコンタクトセンタ   電話:0120-477-111