Skip to main content
Wilms

Mesothelioma

Wilms' Tumor 1 (WT1) Protein (ダコ Autostainer / ダコ Autostainer plus 用)

Clone 6F-H2

WT1 遺伝子は小児の腎悪性腫瘍の一つである Wilms' 腫瘍の発生と関連している遺伝子であり、第 11 番染色体の p13 に位置しています。
 散発性の Wilms' 腫瘍の 5~10%、泌尿生殖器奇形や Wilms' 腫瘍を起こす Denys-Drash 症候群のほぼ 100%で WT1 の異常が見い出されています。
 WT1 遺伝子によってコードされているタンパクは血小板由来成長因子 A 鎖 (PDGF-A) やインスリン様成長因子 (IGF) のような様々な増殖関連遺伝子の転写を調節し、転写活性化因子あるいは抑制因子として機能します。
 本抗体は WT1 タンパクの N 末端部の 84 アミノ酸をエピトープとして認識し、最大長をもつ WT1 のアイソフォームと反応し、また散発性の Wilms' 腫瘍のサブセットでしばしばみられる exon2 を欠損した WT1 タンパクとも反応します。
 WT1 mRNA は中胚葉系由来組織で強く発現し、ヒト胎児の発生過程において、腎臓、脾臓、生殖隆腺の中胚葉系細胞や体腔の中皮細胞などで WT1 の発現が観察されています。また、上皮型や腎芽型 Wilms' 腫瘍や、大部分の急性白血病、その他多くの腫瘍で、WT1 の発現が認められています。
 本抗体はイムノブロッティング法、免疫沈降反応法にも適用可能です。

Product Details Buy Products Promotions Related Products
No data to display
1-10 of 40 results
Items were successfully added to your cart!
Success