Skip to main content

ビリン (ダコ Omnis 用)

Clone 1D2 C3

ビリンは分子量 95kDa のカルシウム依存性アクチン結合型タンパクでアクチンフィラメントの制御に重要な役割を果たしています。ビリンは微絨毛の主要な構成成分で、小腸の吸収上皮表面にある刷子縁膜や近位尿細管細胞の刷子縁に発現がみられます。ヒト正常細胞では、消化管および泌尿生殖器の一部の単層上皮にのみビリンが発現していますが、腫瘍においては大腸癌の大部分にその発現が認められます。抗ビリン抗体は、大腸癌由来腫瘍の鑑別に特に有用です。

Request Quote Promotions Related Products