Skip to main content

Thymidylate Synthase (TS) (濃縮抗体)

Clone TS106

Thymidylate Synthase(TS,チミジル酸合成酵素)は DNA 合成において重要な酵素であり、DNA 生合成に必要なチミンヌクレオチドを生成するために 5,10-methylenetetrahydrofolate(CH2THF,活性型葉酸)と共に dUMP をメチル化し dTMP に変換します。TS はまた、5-fluorouracil (5-FU) といったフッ化ピリミジン系悪性腫瘍剤の標的です。5-FU の代謝物である FdUMP は、TS および CH2THF との間で三者結合(Ternary complex)を形成し、TS を不活化します。結腸・直腸癌、乳癌、胃癌、頭頸部癌、食道癌、膵癌など多くの癌において、高レベルで発現する TS は、予後不良および 5-FU 中心の化学療法に対する治療抵抗性に関係するとの報告がなされています。
抗 TS 抗体、クローン TS106 はホルマリン固定パラフィン切片での免疫組織染色が可能であり、腫瘍組織中の TS 発現量と予後、フッ化ピリミジン系悪性腫瘍剤の治療効果予測に関する研究に有用です。

Product Details Related Products Promotions
No data to display
1-10 of 40 results
Items were successfully added to your cart!
Success

0 part selected.

Clear All