Skip to main content

β- アミロイド (濃縮抗体)

Clone 6F/3D

アルツハイマー病はヒト老人性痴呆の主要な原因であり、病理所見の特徴として、肉眼的には大脳の萎縮があげられます。顕微鏡下では、大脳皮質に広範囲にみられる神経細胞内に蓄積するアルツハイマー神経原線維変化と細胞外にみられる老人斑があります。老人斑は、中心部に存在するアミロイドコアとその周辺の腫大した変性神経突起から成ります。この脳アミロイドの構成成分としては β/A4 蛋白(分子量 4kD)と α-1-Antichymotrypshin が同定されています。
 この抗体は C 末端にシスチン残基を有するアミロイド β/A4 蛋白の 8~17 番目のアミノ酸から成る合成ペプチドを Keyhole Limpet のヘモシアニンに結合させたものを抗原としています。ELISA 法ではヘモシアニンと結合したペプチド抗原とは特異的に反応し、単独のヘモシアニンとは反応しません。
 ホルマリン固定パラフィン包埋切片中のアルツハイマー病や Lewy-Body 症の脳内の老人斑や血管壁の β/A4 蛋白を検出します。

Product Details Related Products Promotions
No data to display
1-10 of 40 results
Items were successfully added to your cart!
Success

0 part selected.

Clear All