お問い合わせ窓口

アジレント・テクノロジーのアドバンスト・デザイン・システムを日本ジー・アイ・ティーが採用

 

 

MMICおよびシリコンRFICの回路・レイアウト設計向け

2014年5月9日

 アジレント・テクノロジー株式会社(社長:梅島 正明、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、UWBをはじめとする最先端技術の開発・設計・製造・販売を専門とする株式会社日本ジー・アイ・ティーが、GaAs(ガリウムヒ素)/GaN(窒化ガリウム)およびシリコンベースのRFIC/MMICの開発用として、当社のEDAプラットフォーム「アドバンスト・デザイン・システム(ADS)」を採用したことを発表します。

 株式会社日本ジー・アイ・ティー代表取締役社長 伊田 省悟 氏は次のように語っています。
「当社では、WIN Semiconductor 社のpHEMTプロセスを利用したUWB用のパワーアンプMMIC設計においてADSのFront-to-back(回路・レイアウト)設計フローをうまく導入できました。また、当社のシリコンベース設計にIBMの高性能SiGe BiCMOSテクノロジーを適用した際にも役立ちました。当社が包括的なFront-to-back設計向けにADSを導入したのは、RF回路シミュレーションとしての実績、統合型の電磁界ソルバー、RF関連のサポートが理由です。ADSは設計期間短縮の鍵となるプラットフォームであり、お客様に予定どおりユニークな製品をお届けするのに役立ちました。」

 ADSはIII-V族材料を用いたMMIC設計に広く活用されています。また、レイアウト、ファウンダリから認証を受けたPDK、LVS、DRCなど、RFIC設計フローにおいても包括的に利用可能となっており、ワイヤレス・フロントエンドの導入には欠かせないツールとなっています。スケーラブルなFront-to-back設計ソリューションにより、MMICやRFICを1から設計する場合だけでなく、RFモジュールやRFシステム・イン・パッケージ(SiP)設計など、設計範囲を拡張することも可能です。

 ADS Layout、Desktop DRCおよびLVSなど、ADSの主な特長を活用することで、設計フローの簡素化や設計時間の短縮が可能となります。たとえば、ADS LayoutのRFICツールバーを活用すれば、物理設計や配線設計をより簡単かつ効率的に行うことが可能です。Desktop DRCおよびLVSを利用して、テープアウト前にファウンダリのDRCルールを用いたレイアウトチェックを行うことができるだけでなく、設計の初期段階から設計者のデスクトップ上で簡単にエラーを検出することができます。さらに、ADSに統合された3DプレナーシミュレーターであるMomentumでは、フルウェーブ・モード、および準静的電磁界ソルバーを用途に合わせて活用可能です。高周波回路のインターコネクトなどの特性を高精度に評価したり、高速に評価したりすることができます。

 当社のEEsof EDA部門RFICマーケティングマネージャーのJuergen Hartungは次のように語っています。
「GaAs MMICの世界のリーダーとして、シリコンベースRFIC向けのADSプラットフォームの人気は過去数年で大幅に高まってきました。RF CMOS、RF SOI、SiGe BiCMOSテクノロジーなど、様々な分野で当社のプラットフォームをお使いいただくことが可能です。スケマティックを元にしたレイアウト作成、レイアウト対スケマティックの確認、統合型3Dプレナー電磁界シミュレーター、3D-FEMシミュレーターなど、様々な機能をご利用いただけます。」

 当社ではADS Front-to-back MMIC/RFIC設計フローを、6月18日水曜日と19日木曜日の2日間、パシフィコ横浜 アネックスホールで開催する当社 電子計測部門のプライベートショー「Agilent Measurement Forum(アジレント・メジャメント・フォーラム) 2014」に出展します。

Agilent EEsofEDAのソフトウェアについて

Agilent EEsofEDAはマイクロ波、高周波、高速デジタル、RFシステム、ESL、回路、3次元電磁界、物理層設計、デバイスモデリング向けの先進的なEDAソフトウェアを提供しています。詳細情報は以下のウェブサイトでご覧いただけます。
http://www.agilent.co.jp/find/eesof

アジレント・テクノロジーについて

アジレント・テクノロジー(NYSE:A)は、化学分析、ライフサイエンス、診断、エレクトロニクス、コミュニケーション市場における世界のプレミア・メジャメント・カンパニーであり、またテクノロジー・リーダーでもあります。20,600名の従業員を擁し、100カ国以上でビジネスを展開しています。アジレントは、2013年度、68億ドルの売上高を達成しました。アジレント・テクノロジーの情報は、以下のウェブサイトでご覧ください。
http://www.agilent.co.jp

 2013年9月19日、アジレント・テクノロジーズ・インクは、電子計測会社を非課税のスピンオフ手続きにより、自社を株式公開会社2社に分割する計画であることを発表しました。電子計測新会社の名称はKeysight Technologiesです。この会社分割は2014年11月初旬までに完了見込みです。


※このプレスリリース中の「アジレント・テクノロジー」、「アジレント」、「当社」は、文脈により、「アジレント・テクノロジーズ・インク」、その日本法人や各国の法人、グループ全体を指すことがあります。

マスコミ関係者の皆様: 技術、地域貢献、役員等に関連する情報は、以下のウェブサイトでご覧いただけます。
http://www.agilent.co.jp/newsjp

# # #

お客様からのお問い合わせ先:

計測お客様窓口  電話:0120-421-345